WatchKit で Table を表示する

WatchKit で Table を表示する


これはWatchKit Advent Calendar 2014の19日目の記事です。

WatchKitではいろいろなUIコントロールが表示できますが、ここではTableを表示してみましょう。

テーブル用クラスの作成

WatchKitでテーブルを表示する場合は、UITableViewではなくWKInterfaceTableというクラスを使います。

まずは、画面のViewControllerのクラスを作成します。
WatchKitなので、WKInterfaceControllerを使います。

WKInterfaceControllerを継承したFruitListInterfaceControllerというクラスを作ってみます。
そして、その propertyとしてWKInterfaceTableを追加しておきます。

#import <WatchKit/WatchKit.h>
#import <Foundation/Foundation.h>

@interface FruitListInterfaceController : WKInterfaceController

@property (weak, nonatomic) IBOutlet WKInterfaceTable *fruittable;
@end

また、行に表示するセル用のクラスとして、NSObjectを継承したクラスをつくっておきます。
そして、セルのなかに表示する要素として、文字を表示するWKInterfaceLabelと画像表示用のWKInterfaceImageを追加しておきます。

#import <Foundation/Foundation.h>
#import <WatchKit/WatchKit.h>

@interface MyFruit : NSObject

@property (weak, nonatomic) IBOutlet WKInterfaceLabel* fruitname;
@property (weak, nonatomic) IBOutlet WKInterfaceImage* fruiticon;

@end

Storyboardの設定と接続

次に、Storyboardの設定をしましょう。

Tableを表示するためのWKInterfaceControllerを設定します。
Storyboardに新しいWKInterfaceControllerを追加してもいいですし、既存のWKInterfaceControllerを使っても大丈夫です。

Storyboard上のそのWKInterfaceControllerの上に、「Table」オブジェクト(WKInterfaceTable)を配置します。
また、そのTableのなかに、「Label」オブジェクト(WKInterfaceLabel)と「Image」オブジェクト(WKInterfaceImage)を一つづつ配置します。

次に、そのWKInterfaceControllerのオブジェクトのカスタムクラスをさきほど設定したWKInterfaceController継承クラスとします。(上のコード例ではFruitListInterfaceController)

また、そのStoryboard上のそのWKInterfaceControllerのオブジェクト上のWKInterfaceTableと、クラスのWKInterfaceTable propertyを接続します。

さらに、行要素のカスタムクラス(下の画面でmainRowTypeと表示されている部分です)に、さきほど作成したNSObjectの継承クラス(上のコード例ではMyFruit)を設定します。

さらに、「Label」オブジェクト(WKInterfaceLabel)と「Image」オブジェクト(WKInterfaceImage)をMyFruitのpropertyと接続します。

(文章だけで説明するとわかりにくくて申し訳ないのですが、Xcodeの画面は現時点ではまだNDAなので……)

table_row_definition_2x

行の生成

そして、 FruitListInterfaceControllerの実装ファイルに、下記のloadTableDataメソッドを追加します。
setNumberOfRowsを使用して、行の要素をここで設定します。

これでテーブルの行が表示されるようになりました。

#import "FruitListInterfaceController.h"
#import "MyFruit.h"

@interface FruitListInterfaceController()

- (void)loadTableData;

@property (strong, nonatomic) NSArray *fruitNames;

@end

@implementation FruitListInterfaceController

- (void)awakeWithContext:(id)context {
    [super awakeWithContext:context];    
}

- (void)willActivate {

    [super willActivate];
   
    [self loadTableData];

}

- (void)didDeactivate {

    [super didDeactivate];
}

- (void)loadTableData {
   
    self.fruitNames = @[@"Apple", @"Orange", @"Banana"];
    NSArray* fruitsimages = @[@"apple.png",@"orange.png",@"banana.png"];
   
    [self.fruittable setNumberOfRows:self.fruitNames.count withRowType:@"default"];
   
    [self.fruitNames enumerateObjectsUsingBlock:^(NSString *name, NSUInteger idx, BOOL *stop) {
       
        MyFruit *row = [self.fruittable rowControllerAtIndex:idx];
       
        [row.fruitname setText:name];
        [row.fruiticon setImageNamed:[fruitsimages objectAtIndex:idx]];
       
    }];
}

@end

行選択時の処理

テーブルの行選択時の処理には、didSelectRowAtIndexを実装します。

- (void)table:(WKInterfaceTable *)table didSelectRowAtIndex:(NSInteger)rowIndex {
   
    NSLog(@"pressed...");

}

WatchKitでのテーブルの設定はiOSよりは単純です。
実機でどの程度のパフォーマンスがでるのかが気になるところです。