日付が変わったときの処理

カレンダーなどのアプリで、画面に今日の日付などを表示している場合、真夜中に日付が変わった瞬間にUI表示を変えたりなどの処理をしたいことがありますよね。

Swift の Embedded Framework と namespace

Embedded Frameworkを、Swiftで作ると、Objective-Cで作るときとは違った利点がいろいろと見えてきました。

Embedded Framework を iOS7 以下で使うには

iOS8で導入されたEmbedded Framework ですが、iOS7以下で使うにはどうすればいいでしょうか。

Objective-C で Embedded Framework

iOS8から使えるようになったEmbedded Framework。 その使い方と、iOS7 でEmbedded Frameworkを使う方法を調べてみました。

Apple Watchで文字入力

これはWatchKit Advent Calendar 2014の24日目の記事です。 少しずつですが、Apple Watchでの文字入力がやっと試せるようになってきました。

Apple Watchのコントロールメニュー

これはWatchKit Advent Calendar 2014の23日目の記事です。 Apple Watchでは、すべての画面にコントロールメニューをつけることができます。 狭い画面にはボタンもあまり配置できないので、コントロールメニューをうまく使うと有効に使えそうです。

Apple Watchの画面遷移

これはWatchKit Advent Calendar 2014の22日目の記事です。

WKInterfaceControllerの生成など

これはWatchKit Advent Calendar 2014の21日目の記事です。 WKInterfaceControllerとは、Watch Kit で、一画面の描画を担当するコントロールクラスです。 iOSでいえばUIViewControllerにあたるクラスですね。

Apple Watchの画面レイアウト

これはWatchKit Advent Calendar 2014の20日目の記事です。 Apple Watchの画面レイアウトはiOSアプリと少し違います。 簡単にまとめてみました。